Sakine Music Award 2017



2017年もいよいよ年末なので、
僕の中でのヒットをまとめてみました。

記事にはなっていませんが、
Facebookで公開していたので、
昨年受賞したものも載せておきます。

◉タイトル賞

PEGUIN RESEARCH
「敗者復活戦自由形」

カッコイイ。アルバムのリード曲で、
アルバムのタイトルにもなっている。

昨年のように「日常で多用する」
みたいなことはなかったですが、
気に入ってLINEの名前にも使ってる。

※2016年は、欅坂46「世界には愛しかない」

 

◉ポジティブソング賞

SuG「AGAKU」

今年、活動休止のちに解散を発表したSuG。
最後の日本武道館ライブに向けて、
「AGAKU」姿を描いた作品。

かなり元気をもらったし、
歩みを止めずに倒れるなら前に。
って僕も思うことができた。

※2016年は、WANIMA「ともに」

 

◉泣きソング賞

BiSH「beautifulさ」

「プロミスザスター」が2017年の曲だが、
今年はコレに圧倒的に泣かされたので。

グレーな日々が多すぎたなぁって印象。

コレを聴きながら、
泣きながら玄関を出た日もあった。

でも息してたら明日は来たし、
もう年末まで来ちゃったね。

「プロミスザスター」をMステで披露し、
来年の横浜アリーナを発表したのもよかった。

※2016年は、大柴広己「ジェラシックボーイ」

 

◉耳に残ったで賞

バックドロップシンデレラ
「フェス出して」

一度聞いただけで離さないサビ。
繰り返しの強さを感じる作品でしたね。

デモ活動みたいになった映像は凄かった。

※2016年は、the Raid.「病んでる君に贈る歌」

 

◉作詞・作曲賞

Saya/Ko-taroさん

アルバム賞にしようと思ったんですけど、
やっぱりSayaさんの曲が好きなので。

うりゃおい!JAPANのサウンドP。
「DESTRUCTION AND REGENERATION」

いろんなタイプの曲が詰まっていて、
楽しいアルバム担っているので、
これを聴けば魅力がわかるかと。

うりゃおいが解散してしまって、
悲しくなってたんですよ。。。
(最後のバンド体制のライブ行けなくて辛かった)

でもNEO JAPONISMとして、
元メンバーも引き連れつつ生まれ変わるも、
Sayaさんが引き続き担当ということで、
希望が持てたし、お披露目も見に行った。

うりゃおいの曲も引き継ぐようだったし、
いい楽曲がそのまま残るのはいいなぁと。

来年もネオジャポを楽しみにしてますし、
他でもSayaさんの曲が聴けるのを、
楽しみにしています!!!

 

◉カバー賞

Acid Black Cherry「M」

カバーアルバムである「Recreation」は、
今回で4作目となっている。その中でも、
yasuさんがアカペラに挑戦している曲。
すべてのパートに挑戦しているそう。

もちろんアカペラの技術という面でみたら、
足りていないのかもしれないけれど、
アカペラっていいなって思える曲のため、
この曲を選びました。

yasuさんの声と合ってて、
とてもいいカバーでした。
もっとアカペラとかやってほしいな!

※2016年は、バックドロップシンデレラ「だんご三兄弟」

 

◉Music Video賞

SIAN「Yuen」

スマホを3台並べて見る。
新しいMVの見方を作り出した作品。

今後色々と出来そうだなと未来を感じた。

視聴方法はこちら

他もカッコいい曲いっぱいあるので、是非。

 

あとは、やりたくてメモ帳に書いてあって、
しまった先にやられた!という意味でコレ。

ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)
「4文字メロディー」

MV制作費を広告費で賄うのやりたかった。

僕がやるとしたら、
歌詞までリンクさせて、
作りたかったんですけどね!

 

◉アルバムコンセプト賞

TM NETWORK
「GET WILD SONG MAFIA」

「Get Wild」だけのアルバム。
それだけ歴史のある曲で、
いろんな表情が見せられて凄いなと。

ただもう少し出演アーティストを、
増やして欲しかったなぁというところ。

『a-nation’10』の公式テーマソングの、
「THX A LOT」アレは凄かったし、
ああいうお祭り感が欲しかったなあと。

TRF、hitomi、Every Little Thing、浜崎あゆみ、
Do As Infinity、倖田來未、大塚愛、鈴木亜美、
AAA、GIRL NEXT DOOR、ICONIQの11組が参加。

新社屋もできたことですし、
avex全体で盛り上がって欲しかったなぁ。
(もともと違うレーベルの曲だし、
 難しい部分もあるのだろうけど)

◉プロモーション賞

Get Wildに関する意識調査

僕的にはコレしかない!って感じでした。
公式でなく「ファンが有志で作ったもの」
というのが後でわかって驚きました。

小室さんも反応していたし、
かなりバズっていました。

音楽関連のプロモーション、関わりたい。

 

◉CMソング賞

Negicco「かぜぐすリリック」

ヒャダインこと前山田健一さんが作った曲。
前山田さんっぽい曲なので、
聴いただけで誰か作ったかわかる。

「かぜ薬CMあるある」なわけだが、
曲が楽しいから最後まで聴けちゃいます。
「ベンザブロック」ナイスでした!

 

◉〈番外編〉CM大賞

今年はゼクシィのCMがズバ抜けていました。

「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、
 私は、あなたと結婚したいのです」

コピーが素敵かつ衝撃で。
久しぶりにやられた!って思いましたね。

結婚情報誌であるゼクシィが、
これを言うことに意味があるんですよね。

「ブレーン広告グランプリ」でも、
やはりグランプリに選ばれていて、
納得の結果だなと思いました。

 

◉コラボレーション賞

小室哲哉 x 浅倉大介

小室哲哉さんとaccessの浅倉大介さんが、

PANDORAというユニットを立ち上げた。

二人とも好きなので、期待しかない。
今年はとくに目立った活動はなく、
「ULTRA JAPAN 2017」くらいでしたね。

ULTRAとかどうしても「パリピのもの」
ってイメージになってはいるけれど、
90年代もそうだし、本来みんな、
ダンスミュージック好きだからね。

来年からこのユニットが活躍することで、
もう一度ダンスミュージックが、
盛り上がるんじゃないかなと。

二人の見知ったところでいうと、
SKY-HIとか西川貴教さん。

他にもavexの中での、
今後の期待値というところでいうと、
アイナ・ジ・エンド(BiSH)、
MAINA(大阪☆春夏秋冬)、三品瑠香(わーすた)
とかとコラボして欲しいなぁ。

とってもとても、楽しみにしてます!

※2016年は「HYDE x YOSHIKI」

 

◉ヴィジュアル系新人賞

てんさい。

もちろん1stシングル「センパイの彼女」が、
曲としてカッコよかったのもそうだが、
2ndシングルもYahoo!ニュースになったり、
とにかく話題作りが上手い。

アメリカ村三角公園でゲリラライブしたり、
自転車で大阪から東京に行ったりもそう。
タダでCD配ったりとかもしてた。

来年4月21日には大阪・心斎橋FANJで、
「値踏みis値踏み~チケット代自己申告制ワンマン~」
という投げ銭ライブも決定している。

新しい時代のバンド運営が出来ているし、
来年も今後も目が離せなくなっている。

まだライブを見れていないので、見たい。

※2016年は「0.1gの誤算」

 

◉ベストエンタメ賞

「ようこそジャパリパークへ」
TVアニメ『けものフレンズ』の主題歌。

いろんなパターンでカバーされ遊ばれる。
って段階まで行けていたのがよかった。

二次創作でピアノ弾き語りだけじゃなく、
ジャズになったりバンドでやったり、
ファミコンっぽくなったりも。

原曲が楽しいからこそ、
いろんな遊ばれ方をされるんだよね。

※2016年は「KING OF PRISM by PrettyRhythm」

 

◉よく聴いた個人的に好きで賞

5曲に絞ってみました。

PASSPO☆「Music Navigation」

アルバムが好きすぎて、都内のリリイベ、
一週間ずっと追っかけたりもした。
そのリード曲になっている曲。

BAND PASSPO☆が今年から力入ってて。
精力的にライブもツアーも行っていた。

ゆっきーとなおみんがツインギターで、
ギターソロ弾いてる姿がいつか見れたら、
最高で泣いちゃうんだろうなぁと。

 

0.1gの誤算「オオカミと月兎」

メンバーがそれぞれ楽曲を制作し、
誰が作曲したかわからない状態で、
twitterでのファン投票を行って、
一番多く票を集めてMVになった曲。

僕もこの曲が好きだったので、
ファン投票とズレてなくてよかった。

サビで踊りたくなる感じが最高。

 

天晴れ!原宿「アッパレルヤ!!」

今年一番ライブに行ったアイドルかな?

「寂しい時にはいつでもおいで
 同じ景色を見よう 願いって繋がって
 あったかくなっちゃうんだから」

ってとこで泣いてしまう。

今後も見守っていきたい、
大好きなアイドルができました。

 

バンドじゃないもん!
「青春カラダダダッシュ!」

アルバムのリード曲。
聴いてると楽しくなるし、
やっぱりQ-MHzさんとのコラボは最強。

今年はリリイベもライブも行けたり、
プライベートのちゃんもも◎に、
渋谷の某所で偶然遭遇し、
お話が多少できたなんてハプニングもあり、
まさにPERFECT YEARって感じでした。

来年も楽しみにしてます。

 

PENGUIN RESEARCH
「千載一遇きたりて好機」

この曲も最高にカッコイイし、
今年一番カッコよさでワクワクしたバンド。
もちろん来年も一番楽しみなバンドです!

川崎セルビアンナイトでの、
ワンマンも行けてよかった。

来年こそ、
「どうやらやっと僕の番だ」
ってなれるように、努力し続けます。

とにかくカッコいいから聴いてほしい!

※2016年によく聴いてたのは、
完全なるアイドル」(わーすた)
無線LANばり便利」(ヤバイTシャツ屋さん)
全力スイマー」(ぷちぱすぽ☆)
「仕事をサボりTIGHT」(仙台貨物)
「ドラマチックLOVE」(キンプリ)

 

◉ベストライブ賞

ひめキュンフルーツ缶「バズワード」

この記事自体がそもそも、
個人的なものではあるんですが、
その中でも完全に私情での受賞がコレ!

いろんないいライブが今年もあったし、
いろんな曲とMCを見てきたんですけど、
やっぱり一番心に残ったのはコレかなぁ。

ひめキュンフルーツ缶のメンバーが、
全員卒業した、そんなライブでの一曲。

っていっても、これは演目になかったし、
ステージ上にメンバーもいないんですけど笑

7年間の活動の、信用の積み重ねが、
この光景を作り出せたのだなぁと。

ひめキュンへの僕の愛は、
この記事を読んでいただければ。

 

まとめ

今年も大好きな推しの卒業、
大好きなバンドの活動休止、解散。

いろいろなことが重なったけど、
そこに想い出ができたのは確かで、
これからも音楽は残って生き続ける。

あの日見た景色が、
あの日芽生えた感情が、
いつだって曲を聴くたびに蘇る。

だから音楽って素敵だし、
僕も残していきたいなって思ってます。

受賞された皆さん、
おめでとうございます!

来年もいっぱいのステキに、
触れられますように!!

よいお年を!!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です