届け!年賀状〜みんな書こうな〜



今年初の更新です。

昨年始めたばかりのサイトですが、
今年もよろしくお願いいたします。

 

僕は幼稚園生だった頃から、
毎年欠かさず年賀状を書いています。

急速に時代は変化しました。
小学校4年生から携帯電話を持ち始め、
白黒画面の携帯電話、カメラ付きを経験。
今ではスマートフォンになっている。

メールでおめでとうをすることも、
デコメールですることもあった。
今ではLINEで送り合ったりもする。

そういう変化とともに、当然、
紙の年賀状の数は減っていった。
交流する人は増えてきてるのに。

それでも僕は(受験年を除き)、
毎年欠かさず年賀状を書いています。

ぼくが年賀状を書く理由。

年々書く理由は変わってきた。

幼稚園の頃は書いてみたくて。
小学生の頃は書くのが楽しくて。
だんだん受け取る喜びが大きくなり、
ポストを開ける楽しみのため。
そんな時期もあった。

今はまた、出すことの意味を考え、
きっかけとして出すようになった。

小さい頃はそれこそ文房具屋で、
いろんなボールペン買ったりとか、
シールとかスタンプとか買ってみたり。
とにかく派手にして楽しんでいた。

中学高校時代は寮生活をしていて、
小学校のときの友人の中で、
一人だけ遠方に行ったこともあり、
みんなと文通などもしていた。

その延長で、冬休み会おうね!
って年賀状を書いていた。

 

僕はできる限り「手書き」で書いています。
メンドクサイ作業だとしても、
日本人はやはり「ひと手間」が好き。
確かにこちらも気持ちが、より入る。

なので、手書きにしています。

今はわざわざ手書きにすることに、
より価値が出てきている、
そんな感じがしています。

当然毎年絵柄の入っていない、
真っ白無地のハガキを買う。

裏面を印刷にした場合は、
相手の住所と名前は手書きにしたり。
どこかしらは手書きになるように。

そして必ずひとりひとり違う内容を。

年賀状を書いている時、
その人との一年を振り返れる。
そして、その人との次の年を想像できる。
そんな時間がワクワクして好き。

年賀状はコスパがいい!?

年賀状を出す人が減っている分、
ありがたみが増してきている。

しかも年賀状ってのはそれが、
52円でできるというね!!!

コスパがよすぎるのでは!?
という見方もできます。

ポストに物が届く。
それだけで嬉しいし、
自分のことを思い出してもらえる。

しかも新年一発目に届くというね。

なかなか連絡しづらい人でも、
再開のきっかけになりうるのが、
年賀状なのです!

ぼくの最近の年賀状。

2014年の年賀状

 

2013年が二十歳の年だったので、
成人式っぽい写真をチョイス。

振袖の方はお姉ちゃん!?
って言われたりもしましたが、
両方とも僕です!

空いているスペースに、
手書きでメッセージを。

 

2015年の年賀状

 

昨年がカラフルだったので、
今回はモノクロを基調とした、
スタイリッシュな感じにしました。

ハイブランドの広告っぽい感じに。
色合い的とフォントは、
Acid Black Cherryの「INCUBUS」
を意識したところもあります。

一年で一気にイメージが変わりました。

 

2016年の年賀状

 

この年は元旦の朝日新聞に、
団体で受けたインタビューが、
2面に掲載されることもあり、
朝日新聞っぽい感じで作ってみました。

人によって写真も広告も、
もちろん文章も変えています。

 

2017年の年賀状

 

学生生活最後の年だったため、
歴史を振り返ってみようと思い、
Wikipedia風の年賀状にしました。

初めて会った日を記入したり、
その人との歴史を刻んだ。

これも人によって違う、
それぞれのオリジナルだ。

 

まとめ。

今年は喪中のため出せませんでしたが、
来年はまた凝ったものを出そうかと。

今年出さなかったみなさんも、
よかったら来年は出してみてくださいね。

 

星流 咲音。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です